マレーシアの旅・ステイ 体験情報
2007-7-20 〜 9-2
LSC(千葉)鈴木幸男
         目      次     クリックで開きます
ペナン 1 ペナン 2
ランカウイ コタキナバル
クアラルンプール 総評 (含む45日間の費用)
ペナン 17月20日(金)〜8月2日(木)
                 
LCIAからLCCターミナルへのバスはLCIAターミナルビル2Fから別棟の駐車場棟へ行き1Fがバスターミナルに成っている。
LCIAの1Fへ下りてしまった場合は、表へ出て道路を2本渡り向かいの棟の1Fがバスターミナル。
8番バス停から乗って15分くらいでLCCTへ着きます。
エアーアジアは預け荷物15kg以下、機内持ち込みは7kg以下で厳しいので、要注意です。
座席は列番号だけ記載されていますが、実際は皆適当に空いている所に座っています。
機材は、ハワイのローカル飛行機と同じでした。

携帯は何処でも売っていますし、パスポート番号(コピー可)があれば直ぐ購入できます。
私の携帯は2007年初めに発売中止に成っている機種で、モノクロで単純簡単な物です。
RM160で買えましたが、別の所ではRM145〜180でした。
購入は大きな携帯ショップが安いです。SIMカードはRM18でこれは何処も一緒です。
プリペードカードはRM30が有効期間1ヶ月で、RM5(2日)くらいから有るそうです。

i-talkeカード(プリペイドテレフォンカード)はRM30ですが、ホテルからは掛かりませんでした。日本のカードでは大丈夫でした?

ドリアンは赤蝦(レッドプロウン)と言う種類が一番良いブランドで、今回は高くRM20
しました。普通は高くてもRM10〜15くらいだそうです。

ムティアラリゾートが、インターコンチネンタルに買収され今改装中です。

キャッシュカードの使い方
1.キャッシュカードをインサートする。
2.言語を選ぶ(English)
3.暗証番号を入力
4.現金引き出し(Withdraw Cash)を押す。
5.口座の種類を選ぶ(Saving Account)
6..金額の入力。
7.入力の都度エンターを押す事が多い。

ペナンヒルのケーブルカーは混んでる時は1時間待ちくらいになるので早めにチケットを
買っておく。一人往復RM4です。買ってから時間まで付近でブラブラする。
時間近くなったら、中の待合室に入れてくれます。
ケーブルカーは下段15分、途中で乗り換えて、上段15分の合計30分を要します。
途中駅も有ります。頂上からの眺めは最高です。
頂上のビューホテルのスチームボートは、一人RM28だが高い割りには評判倒れ。
ベランダの庇に4匹の毒蛇がぶら下がっています。葉っぱにまぎれてますが、良く見れば分かります。緑色で縞が有り、余り大きくないです。蛇寺のと同じ種類?
皆知らないで蛇の下で食事しています。

「ローガンライ病院」では日本語通訳の人(シミンさん)が居て、事前にTELしておくと早く診察できる。
全部通訳さんがやってくれるが料金は、日本並みにとられる。(風邪でかかって、RM200以上、現地の人は10分の1位で済むらしい)
近くの「アイランド ホスピタル」と日本人御用達の2大病院との事ですが、他にも大きな病院が沢山有ります。Cカードの保険や日本人に便宜が有るかどうかは分かりません。
聞いた話しでは、結構、日本の病院(千葉大等)で勉強した先生が居るとのことでした。
ペナンの公立病院は初診料RM1を払うと後は全部無料だそうです。私立病院はそれなりに取られるらしい。原資はパームオイルと天然ガスからの利益との事です。

タンジュンブンガの市場では火曜日の夜だけ夜市が出る。7時頃から10時頃まで。
市場の隣がタンジュンブンガのバスターミナルに成っていますが、時間表が無いので「来るまで待とうペナンのバス」になります。
バス料金は距離によりRM1〜3で、8月1日よりラピッドバスが参入して、バスも新しく、エアコン付きでルートマップなども整備されとても分かりやすい。
7月31日と8月1日はFREEで試運転していた。
バスの乗り方は簡単です、バス停で待っていてバスが来たら、運ちゃんに行き先を告げてOKなら乗る。乗ってから行き先までの料金を運ちゃんに渡す。(料金は運ちゃんが教えてくれます)、下りる時は、ボタンを押して下りる。(壊れて鳴らないのも有る)

ペナンのコンド&サービスAPは、短期で月RM3000前後〜、長期でRM1200〜
3000位、電気・瓦斯など諸経費別。

タンジュンブンガのバツーフェリンギ方面の外れに有る海鮮レストラン「?蟹村海鮮」は美味しい。蝦は1K−RM40,500g−RM20,蟹は1K−RM40,赤貝に似た小さな貝は一皿RM9,このレストランの入り口左に掲載されている津波の写真は必見です。
                    
「テロッ ハバン」に有るレストラン「End Of The World」は、不味い、高い、無愛想
の3悪です。(あくまでも私見です)
コプトーンの19階(最上階)は最悪です。朝7時頃と夜9時頃に換気扇が回り、ダクトの中を空気が動いてものすごい音が響きます。(ウオーターハンマー現象の様な物?)
コネクティングドアの有る部屋はやめましょう。Muslimの人たちは子沢山でしつけが悪く
(私見)真夜中でも騒いでいるので、大変です。(日本人の子供は比較的大人しい)
無線ランは7階のレストラン内と、プールサイドに有ります。柱にコンセントも有りますが、電波状態は場所によって余り良くない。(Freeです)

ホテルから、バツーフェリンギへ屋台見物に出るFreeのバスが有ります。
コプトーン前の韓国料理店とイタリア料理店は、味はまあまあですが、韓国料理店は少し高めです。イタリア料理はピザがお勧め。
インド料理―「タンドリーハウス」オリエンタルホテル裏。タンドリーチキンお勧め。

ランカウイ島への切符は、時計塔側のインフォメーション隣のチケット売り場で販売しております。何時も混んでいるので、2,3日前には購入必要。片道RM50 ,往復RM95。

フェリーは矢張りとても混んでいました。入り口付近に荷物を置き勝手に座ります。指定は有りません。
船内には売店も何も有りませんし、表に出る事も出来ませんので、飲み物食べ物は予め用意する必要が有ります。冷房で非常に寒いという話しでしたので準備をして行きましたが問題有りませんでした。普通の冷房です。

船内は独特の臭いがしますし、船は結構スピードを出し外洋へ出ると波も有りますので、船に弱い方は酔い止めの薬を飲んでおいた方が良いと思います。
2時間半で、ランカウイに到着です。                       
                                                                 このページ・トップへ
《ランカウイ島》8月3日(金)〜8月13日(月)
               

船を下りると外への連絡通路で観光案内の地図を配っています。この地図が一番正確で非常に役に立ちました
出口付近にレンタカー業者が沢山客引きをやっています。その中から良さそうなのを選び交渉して、1日当たりRM50(約1750円)で1週間RM350で借りました。
他にデポジットRM50取られてRM400払いました。
レンタカーの会社は「安帝旅遊有限公司」と言う中国系の会社です。他に遊覧船やクルーザー、島内ツアーなどもやっています。
表に出た所の建物内のブースに事務所窓口が沢山有りそこで手続きします。
闇の業者では有りません、ちゃんと登録してあり、客引きは皆それらとの契約らしいので問題ありません。
新車だなんて言ってましたが、さすが安いだけあって国産車「プロトンサガ」のマニアル仕様のおんぼろ車です。本当に新車やオートマも有りますが、それなりに高く取られるので覚悟して下さい。
おんぼろでも、保険とエアコンさえ問題無ければ良しとします。
力は無いし、燃費も悪いですが、調子は悪く有りません。日本の様に満タン返しでは有りませんので、借りた時はタンクは殆んど空っぽです。直ぐスタンドへ行って給油しますが、島内にスタンドは10ヶ所くらいしか有りませんので、注意が必要です。
入れ方は先に事務所で給油機の番号を言い、入れたい金額を(取り合えずはRM30)払う。給油ノズルをタンクの口に入れてレバーを握っていると、ガソリンが出て指定金額の量になるとストップします。ガソリンの種類は軽油とプレミアムのみでした。1リットルRM1.92です。クア市内は道路工事中のため要注意。(道を間違った)

[パンタイチェナン]
第一宿泊地の「アセアニア ホテル」へ到着。
ピンク色のホテルで長さ150Mの色々なプールが有り、日本人には人気との事でしたが
設備は古く建物も傷みがひどく余り印象派良くない。従業員の態度も余り良くない。
夜中から朝に掛けてウオーターハンマーの様な凄い音がして、寝られません。朝食も良くない。(私見)
インターネットは部屋では使えず、ロビー内にWiFiが通っていてPC持込なら接続可能です。(無料)
8月6日より8日まで島内の「ペルジャヤリゾート」にて国際会議が有る為、国内各署より白バイとパトカーが、警備の為大挙来ている。このホテルが警察官の詰め所兼宿泊所に成ってるらしく、沢山の白バイとパトカーが駐車場を埋め尽くしています。
こんなに沢山の白バイは見たことが有りません。

昨晩外で食事中に、名古屋へ留学しランカウイへ帰ってきて「ランカウイ南国アドベンチャー」と言う会社を作り、観光ガイドをやってるJEFRI(ジェフリー)さんに会った。困ったときは連絡を下さいとの事でした。

パンタイチェナンはリゾート地で結構賑やかですが、日本に比べるとまだまだ静かです。
島内は免税になっている為酒類がとても安く、ローカルビールがRM1.4から、タイ国製アサヒのドライでRM2.2(約77円)、シーバスの12年物でRM65からです。
ビールが特に安いです。水は500ccでRM1、1.5リットルでRM1.3〜です。
暑いので、水は一人1日2リットル以上は取ります。
「アンダーウオーターワールド」は大人RM38、高いが一度入って見てもいいかな?
此処に免税店が有り、セールをやっています。

「お米の博物館」は無料、但し見ても・・・?。
「マスリの墓」は大人RM10ですが価値なし。

ドリアン、ジャックフルーツ、チャン・ブダッ、等を食べたらアルコールは飲まない事。特に血圧が高くなり、心臓病の人は駄目。(私も血圧が凄い上がった)
ランプータンは3〜40個でRM1〜2で1番安い。他の果物は大体1キロRM1〜3位
で買え、とても安くて美味しいし、新鮮。

パンタイテンダーに「ガヤ ミナミ」と言う日本人の女性がやってる土産物屋が有り、
ここの「なまこ石鹸」が一番安くRM5です。
矢張り日本人経営のバティックショップ「アトマ・アラム・バティック・アート・ビレッジ」ではRM6.5でした。どうでも良い事ですが此方に住んでいる日本人は総じて暗いですね。女性が多いです。

クアの町の「ランカウイフェア」と言うショッピングモールの建物の周りに駐車するとRM1の違反切符を切られます。意味は分かりませんが、殆んどの車のワイパーに挟まっていました。観光地でしかも駐車場内に止めていても違反切符とはどう言う事か分かりません?(レンタカーを返した時払っておいてと、RM1渡した)
*マレーシア中そうらしく、罰金では無く駐車料金の意味らしい。運転手が居ないと、黄色い紙をワイパーに挟み、居て料金を払うと赤い紙をくれる・・らしい。(不確か)

パンタイチェナンの「Hj.Ramli」は美味しく安いので地元の人御用達です。
オカマの従業員が2〜3人居ます。昼は普通ですが夜は化粧して働いています。
その向いに有るレストラン「Orchid Ria」も美味しいし、この辺では安く、日本人に評判らしい。

タンジュン ルーの海岸はとても綺麗でお勧めです。
最終地のビーチにみやげ物店や食堂が有ります。
タンジュン ルーからダタイの方面にはガソリンスタンドが無いので要注意です。

テラガに有る、「seven wall」と「テラガ・トゥジュー」と言う滝は登りがしんどいですが中々良い所です。
テロッダタイ方面は「ザ・ダタイ」と「The Andaman Langkawi」と言うホテルだけでアトは見るものは有りません。行っても無駄です。
「コンプレックス クラフト ランカウイ」はランカウイの工芸美術品の展示と販売をやっていて、博物館も併設されています。
ここのバティックの飾り物やシャツなどは芸術度も高く、オリジナルで安くお勧めです。
*例:アーティストの大きなオリジナルバティックRM780がRM240に、
RM100がRM50に。(妻が値切りました!!)

「ヘラン ホテル」は4星ホテルで、以前はさぞ高級で賑わっただろうと言う雰囲気は有りますが、現在は従業員も少なく、レストランも朝食と団体用の夕食くらいで何も無く、外へ行くしか有りません。ここは中国人が断然多く、中国系の旅行社と契約していると思われます。
インターネットはロビーの横に1台置いてあり此処の有線ランを使うと1日RM30との事で諦めました。このホテルは余程お金に困ってると見えて、設備も満足に無いくせに何でもお金を取ります。地に落ちましたね!(私見) でもお勧めかな?
只、4星だけあって、室内は凝っていて、シャワーブースも別に有るし、浴室は大理石で
機器類も良い物を使っています。部屋も静かで、お湯の出もエアコンも良いのですが、浴槽に栓が有りませんでした。(ご希望の方に、浴槽に栓の無い場合の為の必需品を教えます)
室内の備品は最低限で、ジムも前は有ったのですが今は有りませんし、会議室もガラーンとしています。
反対にビーチに有る姉妹ホテルの「ランカスカ ホテル」は、韓国人の団体ばかりのホテルでしたが、此方は、日本式の鉄板焼きレストランなども有りました。
このホテルの先に7時頃から道端で鳥を焼いているレストランがあり、腿1本RM3ですが、美味しいです。この又、先、T字路を海岸方向にに曲がった所に有る小さなホーカーの、ビーフン スープと鶏飯は美味しいです。1品RM3です。
その先ヨットハーバー方面に曲がった川の縁に有る「UMI」と言うレストランは駄目。

ヨットハーバーまで行くと、前首相のマハティールさんの作ったパン屋「ザ・ローフ」が有ります。このパンは美味しいです。只、日本並みの値段がしますので、現地の人は中々買えないと思います。日本びいきのマハティールさんが日本で食べたパンが忘れられなくて作ったそうです。(サースガ〜!!)
チョコ入りアーモンドRM10、ゴマパンRM5、クロワッサンRM5、オープンサンドがお勧めです。

「熱帯果実園」は、園内案内の車に乗り、約45分の遊園ですが、途中果物を取って食べたりしてRM10ですがとても価値が有りました。レストランの果物ジュースもフレッシュでとても美味しいです。
この隣の、「Book Village」はとても静かな公園で中々良い。(ノニが自生している)

ランカウイケーブルカーは「オリエンタル ビレッッジ」が乗り場です。このケーブルカーは凄いです。高さが高い為(2〜300M有りそう)鉄塔が少なく、ワイヤーの弛みが良く分かり、恐怖です。鉄塔と鉄塔の間は長い所で1Km位は有るのではないでしょうか。
対象物が少ないため、途中で止まっている様な錯覚を覚えました。
行き帰り途中駅で下車する事も出来ます。
頂上駅から吊橋が掛かっていますが、これが又恐怖で、女性は足がすくんで立ち往生している人が居ました。(ホントニ怖い!!)
ロープウエイは20分くらいでRM25でした。(価値あり、お勧め!!)
                     
オリエンタル ビレッジ」は高級品のショップや日本食レストランも有ったのですが、全般的に値段も高く、余り良く有りません。
8月6日から8日までこの隣の「ペルジャヤ ランカウイ」で国際会議が有り、首相などや海外の来賓を迎える為の警備や報道陣、関係者の車で駐車場が一杯になり、私達も前日に引き上げた事が有りました。
ローカルの人たちは身分証明書を見せると外国人の半額ぐらいでチケットが買えたりします。ハワイのカマアイナ価格と同じですね。此方のパンフレットには割引券やクーポンの様な物は一切付いていませんでした。

「グランド コンチネンタル ホテル」はビジネスホテルの為、豪華さは有りませんが、設備などは大体機能して、何処かのホテルの様に、つかない明かり、見えないTV、栓の無い浴槽などは有りませんでした。
又、隣が「ランカウイ パレード」と言うショッピングモールが有り、免税店と地下がスーパーになっていますのでとても使いやすいと思います。
3階に中国茶を飲ませる「Mountain Scents」と言うカフェが有りJenny Tanさんと言う日本人に良く似たママが居ます。
本人は中華系の英国人ですので、日本語は話せませんが、綺麗なクイーンズイングリッシュで分かりやすい。(妻とは中国語で話して、すっかり友達になってしまいました)

「グランド コンチネンタル ホテル」はマンスリーレートがRM2400/月(約85000円位、朝食付)です。ホテルなので、炊事の設備は有りません。インターネットはダイアルアップです。
近くの「センチュリー スリア サービスアパートメント」は11階建てで、3BRで1F〜6FまでがRM1900、7F〜11FがRM2400です。
2BRは、7F〜9FでRM2650です。(2BRの方が断然良いです)
ジム、プール、サウナ、コンビニが有ります。インターネットはダイアルアップとのことでしたが、ADSLには成るのでは無いかと思います。買い物は前述の「ランカウイ パレード」が直ぐ側です。
此処は団体客も取るらしく大型バスが2台入ってきていた。デイリーレンタルは朝食付きでRM280位から。団体客には夕食も用意するそうです。
他に、「コンド スリ レジェンダ」RM500〜、「CHOGM ビラ」RM700〜
等有ります。
安全性、生活費の安さ等良い所も有るのですが、肝心の病院施設が悪いそうです。
大きな病気や難しい病気はペナン病院へ行くそうで、ランカウイの病院は公立の為費用は安いが、設備と医者の質は良くないと地元の人は言っています。
外国人には無理との事でした。総体的には1〜2ヶ月くらいのステイには問題は無いと思いますが、それ以上は難しいと思います。
                     
ゴルフ場は島に3ヶ所有ります。ダイビングは2ダイブで送迎つきで1万円位です。

クア市内では、「ベル ビスタ」ホテルの川を挟んだ向側の「WonderLand 歓楽天飲食中心
と言う、海鮮レストランがお勧めです。7時過ぎに成ると地元の人で一杯になります。
その隣もスチームボートが美味しいです。
島内の両替所は高い所、安い所が有りますので注意です。直ぐ近くでも値段が随分違います。
クア市内からJetty方面に向かってに右側に「ツーリスト インフォメーション センター」が有ります。(今、周りを工事中)

ランカウイ島も外国人は土地を買えません。(未確認)家は買えますが売る時に売れなくて大変らしいです。しかし英国人は家を買って賃貸している人が沢山居るとのことです。

ランカウイはタイに近い為(直行便のフェリーや航空便が有ります)に不法入国者が増加して、問題になっています。その様な人々を収容するテント村がクアからパンダイチェナンに向かった所に有り、地元の人たちも近付かないそうです。又、難民の中からエイズが伝染し、ランカウイは非常に危ないそうで、ペナンも最近は多くなって来ているとの事です。
野菜類はランカウイでは余り作られてなく、ペナンや対岸のキャメロンハイランド辺りから来るそうで、余り良いものは有りませんし、高くて野菜料理も少ないです。
ランカウイの人はノンビリしていて働く者ではなく、雇用者側としては非常に困るそうですが、人が良い分ペナンよりは安全だとの事です。

タクシー代:クア市内―RM5〜6、(タクシーは他より安い)
レンタカー代:RM50〜(交渉次第ではもう少し下がるかも?)/ 日

ランカウイは免税の島の為フェリーのチェックイン時に検査が有ります。
ターミナルには免税店やみやげ物店が沢山有り、買い物には不自由しません。
帰りはランカウイからパヤ島経由でペナンまで帰りました。
船はカタマランでしたが、船内は寒いです。
船内には頭上に棚が有るのですが、入れる人は居ません。殆んど通路に置いていますので、船内が非常に狭いです。
パヤ島では、船を高速艇に乗り換えてペナンに向かいます。
ランカウイから乗ってきた船は、パヤ島からランカウイに帰る人を乗せて戻ります。
ペナンに着くと大きい荷物は係員が下ろしてくれますので、外で受け取ります。

地元の人は、対岸の「クアラ ケダー」へフェリーで渡り、バス又はタクシーでペナン大橋を渡ってペナンに入るそうで、時間も金額もぜんぜん少なくて済むそうです。
逆にペナンからもその方法で、安く、早く行けます。

テレビの放送などで政府が公衆道徳とマナーに付いて毎日放送しておりますが、マナーが悪く、交通マナー、や川海を汚さないなどは全然守られておりません。(私見)
その割りに、道路の両脇は雑草が綺麗に刈られていて、日本より遥かに綺麗です。
                                                              このページ・トップへ
ペナン 28月13日(月)〜8月19日(日)
           
ペナンのツーリストインフォメーションは、スーパーコムター側の建物の3階の奥まった所に有りますが、良く探さないと判りませんし、資料も余り有りません。
ランカウイのインフォーメーション方が遥かに充実してました。

「YMCA」は部屋も悪いし、冷蔵庫はないし、受付も、メイドも態度が非常に悪いです。シーツの中に小さな蟻の様な虫が何匹も居ましたし、排水の吸い込みが悪くて困りました。
人種差別では有りませんが、ホテルの従業員はインド人が多く、もろに嫌な顔をされますし、言葉が通じないと尚更です。幾つものホテルで同じ経験をしました。
マレーシアはホテルの態度がデカイですね。金を払ってくれる人が誰か分かっていません。
「YMCA」はお勧めできませんが、RM75で安い事は安いです。
(でもこれ位の料金なら、もっと良い所が有ります)
インターネット接続はショップがWiFiエリアで、コードは「abcd123456」です。
部屋で、ダイアルアップも出来ます。
宿泊者は、日本人は少なく、ペナン外のマレーシア人とインドネシア人の、割と裕福な人が多い様です。、
その人達は、近くに有る有名病院の「アイランド ホスピタル」や、「ローガンライ ホスピタル」へ受診にいくひとたちがだそうで、余り気持ちの良い物では有りませんでした。
中には「747」と言うレストランと小さいカフェと売店が有ります。
ジムや美容室も有りますが利用している人は居ず、ジムももう直ぐ閉鎖するそうです。
売店とカフェは華人が経営しています。
売店に昼間居るおじいさんは、ここの経営者のお父さんで、家族みんなで営んでいるそうですが、自分はツバメの巣を売ったり、カフェで薬膳料理にしてお客に出したりしているそうす。、余り商売に成らないとぼやいていました。
このおじいさんは良いひとですが、中国語と、英語少ししか通じません。

コプトーン近くのドイツ料理店は「インゴルフス ネイプス」でダイナースカードを使用しますと、飲み物を除いた食べ物の代金が20%引きになります。
ジョージタウンに、「Citiのクレジットカード」を使うと、飲茶ランチが半額になるというレストランが有るそうです。
電池式蚊取り線香と虫除けスプレーやクリームは必需品です。(此方の蚊は結構強い)
洗濯用洗剤と物干しロープ、出来れば軽いハンガーが有れば便利です。スリッパかサンダルも必要です。マレーシアでは、TOTOよりINAXの陶器や器具が多いです。

ペナンからフェリーに乗って(ペナンからは無料で、バタワースから乗る時はRM1.2
です)、対岸のバタワースへ行き、バタワースのフェリー乗り場前のバスターミナルから
バスに乗り、(U701,U702,U801)メガモールへ行きます。
メガモールで買い物や見物をしてから、メガモールのバスターミナルへ行き(少し分かり
辛い)、ペナンのコムター行きバス(U704)に乗り、ペナン大橋を通って帰ります。
交通費一人、たったRM7(約230円位)の「路線バスの小さな旅」是非お勧めです。

マレーシアは8月31日に独立50周年記念の式典が有るそうで、国中に国旗があふれています。国では記念を盛り上げようとTVなどで音楽や放送で一生懸命なのですが、国民は皆無関心の様に見えます。

マレーシアホテル」はペナンの中華街のど真ん中に有り、ネットで直接予約したのですが、予約確認をしていなかった為、安い料金では泊まれませんでした。ホテルからの返信が、スパムホルダーに入ってしまい削除してしまったようです。予約確認書は必ず貰いましょう。(帰ってから確認したら間違いなく予約は取れていた、やられた!!)
このホテルの部屋は割りと綺麗ですが、隣の物音が窓サッシの隙間から良く聞こえて非常に気になる。(立て付けが悪いようです)RM115の所RM98.9にまけてもらったが
???安いとは思わない。
従業員態度悪し、無線ランのインターネットは一日RM11.50だが、ダイアルアップで使用可能で、安い。
隣の「コンチネンタル ホテル」は、スタンダードでRM85でしたが、夏休みに重なった為、何処も満室のようです。
ジョージタウンでは色々探してみましたが、「赤石ホテル」がお勧めです。1泊RM128でとても綺麗で、受付も感じが良いです。此処は以前「アゴラ ホテル」と言っていたようです。
「赤石ホテル」と「サン ホテル」(1泊RM190)の間に「孫文記念館」が有ります。
中に記念品などの売店が有り、其処の経営者の英国人が居ます。チョコレートが美味しいです。骨董品も有ります。この方の英語はとても分かりやすいクイーンズイングリッシュです。(日本人なのでやさしく話してくれただけかも・・・!)

コムター下の両替屋さんは、1階、2階100m四方に何件もの店が有りますが8月18日で1万円当たりRM300〜309まで様々で3%違いますので、良く確認した方が良いと思います。聞いた所インド人街の両替所が両替率が比較的良いと言ってましたが、調べた方が良いと思います。

ペナン通りからチュリア通りを西に行った所に有る中華レストラン「風味」は値段はそこそこですが、味は良いです。
チュリア通りを東に、JETTY方面に向かうと点心料理店「甘甘園香港点心」は安く量も多く美味しい。特に「煎面」の海鮮味が大変美味しい。
ペナン通り「オリエンタル ホテル」の交差点先角の、インド料理店の屋台の「ロティ
(RM0.6)は安くて美味しいし、カレーも美味しい。
「ホテル マレーシア」の前に夕方から出る屋台「SUP HAMEED」のスープは安くてとても美味しい。(ビーフスープRM2.5)
ウオルドルフ ホテル」はRM67(エアコン・冷蔵庫・朝食なし)。
キャピタル ホテル」はRM69(エアコン有り、冷蔵庫・朝食なし)、
RM92(エアコン・冷蔵庫あり、朝食なし)

此方の果物は本当に安くて美味しいです。
種類も、ドリアン、マンゴスチン、ジャックフルーツ、小さめのジャックフルーツのチャン・ブッタ、ランブータン、黄色いランブータン、ランプータンの毛の短い「プラサン」
グアバ、モンキーバナナ、マンゴー、パパイア、ドラゴンフルーツ、釈迦頭、スターフルーツ(陽桃)、ポメロ、パイナップル、ドウク、竜眼、ライチ、レンブー、
等沢山有ります。

タクシー代:Jタウン市内―RM8〜、TJブンガ・コトン⇒市内:RM15〜、市内⇒空港―RM30〜(空港のチケットタクシーはTJブンガまでRM47)、

レンタカー:RM100〜/ 日、追加保険:RM20/ 日
                                                             このページ・トップへ
《コタキナバル》8月19日(日)〜8月26日(日)

エアーアジアは、預け荷物の重量は非常にシビアですが、機内持込荷物に対しては非常にルーズで、預け荷物15キロ、持込20キロなんてのも有りです。
私達は5Kgオーバーで、1Kg当たりRM15で合計RM75超過料金を取られました。
(この次は仇を取ってやる!!)
おまけに液体の持ち込みも規制されているのですが、平気でペットボトルを持ち込んでいます。危険です。その他は、遅延も無くスムーズで問題は有りませんでした。
Air AsiaはLCC専用の第2ターミナルに着きます。出口近くにタクシーのチケット売り場が有り、市内までRM20です。
コタキナバルは国内ですが、パスポートの検査が有ります。

「プロムナード ホテル」は4星なのでそれなりに整っているようですが、ネット接続料が1日RM30です。キーNoを入力しないと、接続はしますがサーバーと繋がらず使えませんし、ダイアルアップも繋がりませんでした。

ジムとプールは無料で使用できます。1Fのジムへ行きタオルを借ります。
GFのパン屋さんは午後6時以降にパンとケーキが40%引きに成ります。
他のレストランはそれなりに高いです。
毎日500ccのミネラルウオーターが2本無料で配られますが、これは助かりました。

ホテルの前に8月31日の独立記念式典の会場を作っています。当日は盛大なパレードがあるそうです。
その前方の左に向かって海沿いに屋台が出ます。
右に向かっては、サイドウオークが有りオーストラリア人向けか?オージーと言うレストランなど洒落たパブやレストランが並んでいます。
その先は魚、野菜、果物などの夜市が有ります。
それと並んで手羽焼きや、焼き鳥などの屋台、マレーシア料理の屋台、揚げ物の屋台が並んでおります。その先、フィリピンマーケットの裏に焼き魚の屋台が沢山立ちます。
煙がもうもうと篭ったテントの下で食べる焼き魚は、久しぶりでとても美味しいです。 
値段も安く、40cmくらいの魚と20cmくらいの魚それぞれ1匹と、小さいイカ3匹に海ブドウ1パックとライス2つでRM17と言う安さです。

ホテル デリートン」はマンスリーで1泊RM90で、冷蔵庫付き、バスタブなし、朝食なしで部屋はマアマア綺麗です。
マリア コート コンドミニアム」は1泊RM298〜、マンスリーはRM3000です。インターネットは有料です。
プロムナード アパートメント」は「プロムナード ホテル」の裏のアピアピセンターの中に有ります。
1泊RM103.50〜でマンスリーはRM2185でインターネットは付近に2〜3件のネットカフェが有りますので其れを利用との事です。
* 内緒ですが、無料で無線ランが利用できる場所が有ります。

ジェッセルトン ポイント」のJettyから「サピ」「マヌカン」「ガヤ」の各島に船が出ています。
ゲートを入ると客引きが勧誘に来ます。行きたい島を告げると受付に連れて行ってくれますので、受付で行きたい島と、人数、帰りの時間を書きます
船賃は一律RM17で、そのほかに2番窓口でターミナルの利用税一人RM6を払います。
15〜20分くらい待ってると船まで案内してくれます。
島には10〜15分位で着きます。先に遠くの島から順番に下ろしてくれ、帰りは逆に近くの島からピックアップしてくれます。
各島にはレストランやアクティビティの受付が有り、ダイビングやパラセールが出来ます。
ダイビングはビーチエントリーです。
食事は、街中の倍くらいの値段がします。(但しRM6〜)
ツアーで来ている客は、ガイド、飲み物、ブッフェの食事付きで来てるようです。
料金は一人当たりRM140〜180くらいとの事ですが、私達は自己手配で2人で食事もして合計RM67で済みました。日本人と韓国人と中国人がツアーを利用していました。

サピ島には水溜りが有って、其処に大小6匹のオオトカゲが生息していました。
海は、ひとが多いので水が濁り透明度は今一で、魚も沢山居ますが、種類は少ないです。
船を下りる時にシュノーケルとマスクを借りたい人はRM10で借ります。
下りる時に船の特徴と、受け付けた会社の名前を覚えておき、帰りの時間に桟橋で待ちます。(船が遅い時は回りの係員に言う)
サピ島にはノニの木が自生して実が沢山なっていました。
帰りに通った道脇の排水溝に水蛇が2匹居ました。

KKはペナンより暑く、日の出日の入りもペナンより早く、日本と同じくらいです。
同じマレーシアでも大分違います。もっとも同じ国内と言っても隣はインドネシアと
ブルネイですから時差が有る様な物です。物価も同州で取れるもの意外は高めですし、コンドなどはコタキナバル中心部には少ないです。
付近にゴルフ場も4つほど有るようですが、暑くて大変でしょう。
病院も中心部には余り有りません。
地元の人も、お金の有る人と、難しい病気はKLへ行くそうです。
安全も、最近フィリピンからの不法入国者が多くなり、近くの島や海辺にコロニーを作り、水上生活をし、近付くのは危ないと言ってました。
彼らは、親は働かずに、小さい子供が屋台や、食堂などで手伝いをして、1日RM8と食事を貰っている。賃金は親に渡すそうです。
雇い主の話では、可愛そうだがこの子達にこの様な場を与えないと、皆悪い方向に走ってしまうとの事で、この店だけで5〜6人も居ました。

「プロムナード ホテル」の裏に有る韓国料理店「韓国館」は味は今一、値段は高めです。
総じて此方の韓国料理は美味しくないし高いです。(だったら、何故行くの?)

今日8月24日に「タンジュンアル ビーチ」と言う海岸で、ボルネオ島の蘭の展示会が有り行ってきましたが、素晴らしい蘭が沢山有り、日本なら大金です。
ビーチにホーカーが有り、40店ほどの屋台が出ていて、焼き魚から大体の物は揃っていますが、値段は街中の屋台より若干高めのようです。

その裏に「WAIKIKI COND」が有ります。
2BRで、普通市場ではRM2500〜3000するそうですが、内緒で安く借りる交渉できます。
ビルのオーナーはシンガポールの人です。
コンドにはプール・ジム・ビリヤード台・卓球台・子供の遊び場・テニスコート・駐車場などが有り、目の前がホーカーなので便利でしょう。
直ぐ左に広い「Prince Phillip Park」が有り散歩には好適です。
タンジュンアルビーチも、物凄く長い綺麗な砂浜で静かです。
近くに「シャングリラ タンジュンアル リゾート」も有ります。
徒歩圏にスーパーも有りますし、市内中心部より静かで此処ならロングステイしても良いのではないかと思います。
ミニバスで中心部まで20分くらい、RM1です。

裏が「キナバル ゴルフクラブ」で直ぐグリーンに出られます。
プレー費は
Green Fee     RM105.00
Caddy Fee     RM 13.15( 9Hole)
                    16
Caddy Fee     RM 26.25(18Hole)
Insurance     RM 10.05
Test H‘cap    RM 10.05 ???
Golf Set      RM 40.00
Shoes         RM 10.00
Visiter       Mon〜Fri 朝のみ
*入会方法などは聞いてません。
*市内からタクシー代    RM15
(タクシー必要でしたら御紹介しますが、英語と中国語と日本語`”ありがとう”のみです)

私の主観では、コタキナバルは観光地としては良いと思いますが、今の所万人向けのロングステイ地とは言えない様な気がします
観光ビザの範囲内くらいが良い所では無いでしょうか。。
慣れた方で、英語の堪能な方にはとても良いのではないかと思います。
町の下水や、市内の海の臭いがひどいので、気になる方は無理でしょう。リゾート地にステイされれば問題は有りません。排水の処理が未熟で垂れ流しの状態です。

ウオーターフロントのの海鮮レストラン「Port View Seafood Village」水槽から自分で選んで料理してもらいますが、良く見てないと生簀の物か、冷凍を解凍した物か分からないので気をつけた方が良いとの事でした。味はマアマア値段はソコソコで30分に一度程民族舞踊が有ります。混んでいます。
貧乏なので、日本料理店は行けませんでした。

「THE BORUNEO POST」のビジネス紙(政治経済・ビジネス・芸能スポーツの3部が一纏めになって入ってきます)のProperty欄にコンドやアパートの売買、レンタル情報が載っていますが、仲介の為結構高いです。

今日の8月25日の1面には阿部総理がアブドラ首相と握手している写真がトップで大きく載っていました。

ちなみにセールのチラシの価格です。
ヒマワリ油:2Kg−RM11.99、ミロ:1.5Kg−18.99(此方ではミロは大人から子供まで誰でも好きな飲み物です)
Tシャツ:RM6.99〜9.99、TV:21インチ―RM399、DVDプレーヤー:RM129、トイレットペーパー:10ロールーRM6.99、リステリン:750cc
−RM19.99、粉石けん:3Kg−RM18.99、米(サバ州産):5Kg−RM9.99、米(タイ産):10Kg−RM27.99、砂糖:1Kg−RM1.55、水:1.5L−RM0.99、スプライト:1.5L−RM2.79、ジャガイモ:1Kg−RM1.59、
タクシー代:空港⇒市内―RM20、市内:RM8〜、郊外:RM15、位でペナンより高めです。
レンタカー(小型):RM140〜170、追加保険:RM18、(小まめに探せば安いのも有ります)
「KKプラザ」横に、基礎パイルを無数に打ち込んである場所が有りますが、ショッピングセンターを作る予定が、頓挫して20年もそのままに成っているそうです。
「KKプラザ」も、当初11階建ての予定でしたが、資金が無く成り7階建てになったそうです。
「KKプラザ」3階にLCC専門のトラベル エージェントが有り、航空券が安いです。

ハイアット リージェンシー KK」は5星のホテルですが、余り良くないです。
予約でシービューのベランダ付きで頼んだのですが、ベランダが無いので部屋をチェンジしてもらいました。どう言う訳かNHKの放送にロックが掛かっていて見られません。
中の設備はそれなりに立派ですが・・・。(又お金かな?)
インターネット接続はADSLのランケーブルですが、RM0.9/ 分、1日RM54とめちゃくちゃ高いです。ダイアルアップも「プロムナード ホテル」同様繋がりません。
ネットカフェ(RM1 /20分)か、コーヒーショップを使った方が遥かに安いです。
ネットカフェは、「ウイズマ ムルデカ」の向いに有ります。
私の好みでは、「プロムナード ホテル」の方がルームチャージの面から見ても、遥かに良いと感じました。
東京までFAXを1枚送りましたが、RM4.95(約170円)も取られました。(ビジネスセンターで頼んだら、送り方がわからないと言うので教えて上げてですよ!!)
ホテルの前の道路が何時も混んでいて、非常に危ないし、不自由です。

アピアピセンターの前の、「JL トウン ラザク」を挟んだ向いに「アジア シティ コンプレックス」と言う新しいショッピングモールが出来ていました。
中々洒落ていますので、今は空き室が一杯ですが、1,2年後には賑わってると思います。
中に少しですが日本の製品を扱ってる、「日本城」と言うスーパーが有ります。
品揃えは期待できません。
2階には「我家ママ」(マは女偏に馬です)と言う、回転鮨屋があります。
4Fにブレードスケートのスケート場が有ります。
ウイークデイ・・・子供:RM6 学生:RM8 大人:RM10
ウイークエンド・・子供:RM8 学生:RM10大人:RM12

「デリートン ホテル」の裏に「セドコ コンプレックス」と言う海鮮専門の大規模なホーカーが夜6時位から開かれます。
値段は、ウオーターフロントの店等と余り変わりは有りませんが、店が沢山有るにので、魚介類の種類は多いです。又、麺やご飯物などの屋台も有りますので、こちらの方が選択肢は有ります。久しぶりに水餃子を食べました。
(その後、物凄い土砂降りになり、中々止まず道路は川状態で、ほうほうの態でホテルまで帰りました)
屋台以外は、品物の代金以外に、税金5%とサービス料が5〜10%も取られますので、気をつけて下さい。最大15%は大きいです。
「ハイアット」から、「JL トウン ラザク」に出て左へ行った所にある、インド料理ナシカンダーの店のロティ・チャナイは美味しいし、作るパフォーマンスが楽しい。但しカレーの味はペナン方が上です。

8月27日朝7:25分発のAirAsia に乗るために5:30分ホテルを出てKK空港のターミナル2へ向かいます。(例のタクシーを頼んでちゃんと時間に来てくれました(RM20)。マレーシア航空や他国の国際線便はターミナル1です。
此処もT1とT2は離れてますので、間違い無い様にして下さい。
帰りも、来た時と同じ様にイミグレの審査が有りますので、パスポートの提示が必要です。
帰りは、2人分で預け荷物30Kg、手荷物20Kgで、無事通過です???!
おまけに、試しに隠したペットボトルもお咎め無しです。

「MM2H」ビザはペナンやKLで取得するとKKでは通用しません
逆も又同じで、サバー州内の移動では大丈夫です。(日本人会で聞きました)
*ペナンでは申請出来なくなったとの情報も有り、確認して下さい。
マレーシアの学校の休暇は年4回あります。
今年は、3月10日〜3月18日
    5月26日〜6月10日
    8月18日〜8月26日
   11月17日〜1月 2日(08’)
ですが、此方のschool holidayは子供たちを連れて観光地への大移動が有りますし、、最後
の冬休みは日本からのロングステイのピークと重なりますので、宿泊先の確保には、注意が必要です。勿論、宿泊費も足元を見た便乗値上げも有り相当高くなるそうです。
                                                           このページ・トップへ
《クアラルンプール》8月27日(月)〜9月2日(日)
                   
KLのLCCターミナルに入り、預け荷物受け取り場所の右側に、バスのチケット売り場が有ります。
KL市内へのSkyBus(KLセントラル駅までRM9)や、各ホテルまでのバス、ゲンティンハイランド行きバス、長距離バスなどのチケットを売っていますので、荷物が出てくる間にチケットを買えます。
バスの出発場所は、ターミナルを出て道路を2本渡った所から出ます。
1時間10分でKLセントラル駅の一番下の地上階に着きます。
着いた所からSkyBusの乗客の為に各ホテルへ送る「SkyVans」と言うバスが同じ所から出ています。
ホテル毎に4ルートが有り、料金は一律RM9です。空港から合計RM18で,ドアTOドアですから、とてもお徳だと思います。
出発時間は、毎時15分と45分です。(10時と11時は45分のみ)
此処からKL LCCTへもRM9です。SkyBusでは有りませんが、KLIAへもRM8で行くバスが出ています。(エキスプレスはRM35です)

KLセントラル駅は5層になっておりSkayBusの着く所が一番下の地上階で此処の前の道路を渡ると、モノレールのKLセントラル駅が有ります。(構内には無い)
一番下の地上階からエスカレーターで上がるとコミューターや電車のチケット売り場になり、プラットフォームは其処から改札を入りエスカレーターで、又下に下ります。
この階には銀行やATMと空港チェックインカウンターとMASのオフィスが有ります。又、空港行きの特急電車の改札が有りますが、空港行きの普通電車は別の改札です。
マクドナルド、KFC、KIOSK、小さなレストラン等が有ります。
其処からエスカレーターで上がると、上の地上階で出口左にゲンティンハイランド行きバスのチケット売り場と、右にタクシーチケット売り場が有ります。外にはタクシーが待機していますが、近い所は売ってくれませんでした。
最上階にフードコートが有りますが、中々分かり辛いと思います。
道路を挟んで向かいに「ル・メリディアン」と「ヒルトン」のホテルが有ります。
この前から市内観光の「KL HOP−ON HOP−OFF」と言うバスが出ています。

「ヘリテイジ ステーションホテル
」は、KLセントラル駅からKTMコミューターで次の駅です。プラットホームからてトンネルをくぐると直ぐ駅舎でその中にホテルが有ります。このホテルも安いですが、「ペナンYMCA」に次ぐ酷さでお勧めは出来ません。ネットで日本人が受け付けていて間違いないはずなのですが、予約はいい加減でした
バスタブ付きの部屋を頼んだのですが、バスタブは付いてましたが蛇口が有りません。シャワーが付いてました。
つまりバスタブに入ってシャワーを浴びるわけで、お湯を貯めて浸かるわけには行きません。フロントへ言ったのですが、埒が明きませんでした。怒るよりばかばかしくなって笑ってしまいました。
マレーシアは、本当にホテルが悪いです。ホテルマンの対応も悪いし(ハイアットでさえ)、設備などの基準も、星の数を1か2は取りたい気持ちです。
私も、150回近く海外旅行をしてますが、悪い部類ですね。
マレー人は良い人も大変多いし、好きな国の一つなんですが、ホテルと子供の躾を何とかして欲しいと思います。(このホテルでも子供たちが、夜中1:00頃から朝方まで廊下や部屋で大騒ぎをして眠れませんでした。)
*後で分かりましたが、独立50周年のリハーサルの為、地方から出て来て、毎日真夜中1時頃まで練習をしていたそうで、偉いなーと思い、早とちりをしてしまった事を誤ります。

このホテルのインターネットはレストランがWiFiゾーンで、コードは「1234567890」です。部屋でダイアルアップも出来ます。

近くに中華街が有るので行ってきましたが、マレーシアは歩行者の事を考えて道路を作ってないので、直ぐ近くに行くのに迂回迂回で相当時間をロスします。歩行者用の連絡通路や取り着け道路も考えて欲しいです。
KLのチャイナタウンは雰囲気が余り良くありません。
客引きがしつこく女性は怖いと思います。
私達は、何処の国へ行ってもチャイナタウンに宿を取ったり、必ず何回も行ったり食事したりしますが、此処は余り行きたく有りませんね。事実結構危ないそうです。

KLに移住している方に連れて行ってもらい、「KL日本人会」へ行ってきましたが、さすが世界一と自負するだけ有って素晴らしいシステムと纏まりだと思いました。中には日本商品のミニスーパーや日本料理店、本屋、旅行社、美容室、各種同好会勉強会、図書館、幼稚園まで有りました。駐在員の方が多いらしいのですが、ロングステイヤーのKL人気にもなってる原因だと思います。
水と土曜日の3時から「MM2H」の講習会があり、8月29日(水)分に予約しました。
帰りに、「Mid Valley」の「ジャスコ」へ寄ってきましたが、全体がショッピングのメガモールに成っています。

ホテルの付近はKLでも博物館や美術館など施設や公園が沢山有るところで、歩いて殆んど見られます。足を伸ばすと、「ムルデカ 広場」や、「マスジット ジャメ モスク」にも行けますので、立地は大変良いので、覚悟の上で1〜2泊は良いのかも知れませんね。

日本人会の講習は、大変為になりました。講師の阪本ご夫妻のお話も、説得力が有り、私達ももう一度「MM2H」取得を考えて見ようと言う気に成りました。
只、住居費の問題が一番ですね。
私達は、冬は来るつもりは無いので、長期でコンドを契約し、1年を4季に分けて好きな時期をシェアすると言う方法で借りられないか検討したいと思います。日本人は冬来る方が圧倒的だとおっしゃってましたので、私達は夏をシェアしますので、何方か冬が良い方が居れば、ご相談したいと思います。この方法で継続的に借りられれば、安く借りられますし、車も共同で購入してはどうかと思います。どうせ、将来持って帰るわけではないので、売却しても怪我は無いと思います。(又貸しみたいに成りますので、出来るかどうか
詳しい方が居ましたら教えて下さい)
独立50周年が近付いて来て、町の中も騒々しくなって参りました。空軍のジェット機が編隊飛行の練習で低空を飛ぶ為、物凄い音がします。又国立博物館の横のパーキングには車ではなく、戦車や装甲車、高射砲車などが止めてあり、兵隊が沢山居ました。
いよいよ本番は明後日31日です。

8月30日、
今日は予てよりお願いしていた方にお会いして、ロングステイの状況をお聞きする事に成っています。10時にホテルでお会いしてからコンドを案内して頂きました。お尋ねしたお宅が、私と同じ北海道の出身と言う事でした。そう言えば昨日の講習のもう一組の方も札幌のご夫婦でした。
ご主人が心臓の関係が悪く調子が良くないとの事で奥様もご心配でした。
だからと言う訳では無いのでしょうが、移住を考える時はくれぐれも慎重にした方が良いと、アドバイスを頂きました。
体の調子の良い時は皆さん“此処に骨を埋めるんだ”と強気な事を言うが、いざ病気に成ったとたんに、弱気になって里心が付くのですとの事でした。
日本人の特性かも知れません?私も其れは見聞きして経験しています。特に、家は絶対買わない方が良いとの事です。買えば、売るときに売れなくて苦労するし、売れれば税金がくるし、其れよりコンドを借りて、購入資金を定期にしたほうが金利を考えると遥かに自由度が高く身軽で良いとの事でした。
結論は、ビザは取り合えず取っておいて、資金は定期で回し、金利を稼ぎながら賃貸で生活するのが一番でしようか。
KLとペナンにロングステイしている方は考え方が微妙に違うようです
KLの方は常に刺激を求める、現役時代を延長している方が多く、日本人どうしの付き合いも密で、大事にする方が多い様に見受けられました。
ペナンに住んでいる方は、独立独歩、人に干渉されたくなく又、干渉もしない方が多く見受けられます。したがって、KLより日本人同士の付き合いも。疎に見受けられました。
KLは日本人型(農耕民族型)、ペナンは欧米型(狩猟民族型)の様に思います。(飽くまでも私見です)
ペナンに滞在していた方がKLに越してくる事は多いが、逆は少ないとKLの方はおっしゃって居ましたが、果たして反論は有るのでしょうか。
私は両方魅力有るし、良いと思いました。

8月31日
今日はいよいよ独立50周年の記念日です。
私は今回の下見旅行でこの機会に恵まれた事を感謝いたします。
本当に大変得がたい体験を致しました。
朝、7時の式典に間に合うようにホテルを出ましたが、出た所で既に式典参加の人たちが沢山集まっていて、会場まで続いていました。
式では、先ず各国の来賓の到着をアナウンスして、その都度学生の人文字で歓迎の意を表していました。
日本からは中山太郎氏が参加し、尚且つ、イラクの海上支援に来ている海上自衛隊の自衛官の偉いさんが(艦長や司令官らしい)来賓席に座っていて、私の周りにも数名の男の海上自衛隊員らしい人間がいましたが、私服なので定かではありません。お祝いの期間中に海上自衛隊の音楽隊のコンサートが有ると言う事は聞いてました。
感激したのは、マレー人の学生や民族楽器、合唱隊などの実に熱の篭った愛国心あふれるセレモニーでした。
はっきり言ってマレーシアの国民は軟弱で、何処か好い加減なきらいが有ると思っていましたが、矢張り、中より上の層は違うと思いました。私が目にしてる多くは、観光地とか屋台、夜店の周りの人間が多いのですが、人種が違う思いがします。(私見)
愛国心あふれる真剣な演技や演奏、目の輝きには本当に涙が出て鳥肌が立ちました。
ちょうど隣に居た女性が日本人で、聞きますと海上自衛隊員で訓練航海で4月に日本を発ちこれから、韓国を経由して年内には帰国するとの事でした。
この人は、24歳の防衛大学卒の幹部候補生で、他に何人か女性自衛官が一緒らしいのですが、他の方たちは、買い物とか有名繁華街に行って、こう言う式典は見たくないといってたそうです。ご本人は、其れよりも折角の機会なのでこの式典を見てから、観光地では無い地元に触れたいとの事でした。
感想を聞きました所、同じ世代の人間の、国に対する熱い思いを見て感動したといって居りました。これからの日本の国の守りを託すのだからがんばって下さいといって分かれましたが、頼もしいと思いました。女性は強く成りましたね。

もう一つは、私の前に立っていた中華系のマレー人青年が「ネスカフェ」を差し入れてくれました。私がびっくりしていると、何か、外人が(私の事で、日本人と分かって居るらしい)マレーシアの小旗を振って声援しているので嬉しかったらしく、わざわざ買いに行って来たみたいです。これも嬉しい体験でした。
各州のパレードも各軍や消防隊、警察隊、国鉄などのパレードも素晴しく、空軍のジェット機の編隊飛行も物凄い低空で迫力満点でした。
今回これに参加出来た事だけで、マレーシアに来た甲斐が有りました。

太平洋戦争では一部の日本人がご迷惑を掛けた事も有りましたが、マハティール前首相の「LOOK EAST」に有る様に、対日感情の良い国ですので、これからも長く仲良くお付き合いしたいなと思います。
私が、マレーシアに興味を持ったのは、15年ほど前に来馬した時、帰りに空港の待合室で隣に座ったのが、元国務大臣で実業家の「ダトー ノンチック」氏でした。その時は渡日して、宮沢喜一さんや、福田赳夫さんに会いに行くとおっしゃって居ました。
その時マレーシア国旗の由来や、ご自分の書いた「日本人よありがとう」と言う本を読む様に勧められました。
話は日本語でしましたし、素晴しい日本語でした、
お聞きした所、戦時中「南方特別留学生」(スカルノ、マルコスなど、後にその国の指導者に成った人が沢山出ています)で来日し教育を受けられたとの事でした。
今、マレーシアが独立出来たのは日本のお陰ですと言われてましたし、詳細は本に書いて有りました。
それからマレーシアを見る目が変わり、好きに成りました。
確かに発展途上の国ですし、問題も沢山有りますが、この愛国心と良い指導力が有れば、多民族国家ですので、前途有望だと思います。
何せこの国は、国旗の数が凄い!!いたる所に掲げて有ります。
どこかの国の様に、学校で国旗掲揚や国歌斉唱がとやかく言われる様の事は有りません。
何処かの国の方が先行きどうなるか、恐ろしいです。

中華街の市場通りは十文字になっていてその中に「醸豆腐」の店があります。おでんのかまぼこやガンモの様な物ですがとても安くて美味しいです。昼までしかやっていませんが大変混んでいます。其処に「猪腸粉」の店も有ります。別に本物の猪の腸ではなく、澱粉
で作った平らな板を、きし麺状に切って甘いタレを掛けた物です。
もう一つ、この市場のもう一方の出口、「関帝廟」の前に「骨肉茶」の店が出ます。これも別に飲むお茶ではなく、漢方で豚肉や内臓を煮込んだもので土鍋で出てきます。、
滋養強壮に効きますし美味しいです。此処は夕方からです。
プタリン通りの両端に「恭和堂」と言う亀ゼリーの店があります。苦いですが体に良いらしいです。我家では台湾から粉を買ってきて作りますが、此処のは女房に言わせると、水っぽいとの事です。1つRM6です。
プタリン通りとハン・ルキル通りの交差点に「豆花」の店が出ます。暖かい方が美味しいのですが、此処のは矢張り水っぽく、軟らかすぎるように思いました。
中華風には蜜を掛けて食べますが、美味しい「豆花」に醤油を掛けて食べると寄席豆腐のようで、とても美味しいです。一つRM1でした。
「地球の歩き方」などにも出ていますが、狭い所なので美味しい所はダブってしまうのはしょうが無いですね。地元の人の沢山入っている店は、有名で美味しい証拠です。

9月1日(土)
観光巡回バスの「KL HOP−ON HOP−OFF」に乗って見ました。
RM38ですが、一日何回も乗り降りできとても重宝でお徳です。午前中くらいは時間も正確ですが、道路が混んでくると中々来ません。30分間隔で出ているはずですが、1時間くらい待つときもあります。「ブキット・ビンタン」で7時過ぎから8時半近くまで待ちました。
朝8時半から夜8時半までとの事ですが、日本人の感覚だと最終が始発駅から出るのが8時半と考えますが、此方では8時半を過ぎた時点で乗っているお客を下ろしてしまったら、帰ってしまうようです。つまり8時半過ぎに待っていてもバスは来ないという事です。
私達がちょうど8時半に乗って、何処まで行くか聞かれたので駅をいいますと其処までノンストップで後は通過でした。(注意が必要です)
それと、事前に教えて頂いていたのですが、55歳以上はシニア料金でRM17に成る事をうっかり忘れてRM38払ってしまいました。
損しましたが、3周しましたので、そのぶん元は十分取りました!!。

チョーキットで下りて市場へ行ったのですが、物凄いところで嬉しくなりました。穴倉のようなテントの市場で、中は迷路の様になっていて、何でも有ります。
魚介類、肉類、卵、野菜、果物が新鮮で安く、品物も良いです。果物も安いです。ランカウイ以来の美味しいランプータンを食べました。1Kg―RM2でしたが物も大きく美味しかったです。もっともランカウイは1Kg―RM1でしたが。
しかし、此処はKLでも一番危ない所らしいので気を付けて下さい。

「ブキ・ビンタン」アロー通りの「香港点心」の「水餃子」は美味しいです。「ワンタン麺」も有りますが、ワンタンは今一です。でも、水餃子は何時もあるわけでは無く、日によって造ってない日も有りますし、愛想悪い。
翠景飯店」のスチームボートはマアマアです。小がRM50です。このほかの料理も美味しいらしく、この店は大変混んでます。値段は繁華街ですので安くは無いと思います。

KLセントラルの駅の近くに居る場合、(電車代RM2,3払っても)、タクシーはKLセントラルでタクシーチケットを買い、乗車した方が断然お徳です。「ロイヤル セランゴール ゴルフクラブ」まで、行きはKLセントラルからチケットでRM10でしたが、帰りはもっと近いホテルまでで、RM20取られました。
KLセントラルにタクシーチケット売り場は2箇所有りますが、一番上の地上階のところに有るチケット売り場は駄目です。(表に出るとヒルトンとメリディアンが有ります)
愛想は悪いし、近いと売ってくれません。お客の意思は関係ナシで、売り上げ重視です。

良いのは、その下の階のエキスプレスの到着口の前に有るカウンターです。2社ほどタクシーチケット売り場が有りますが、ここはKLIAからの降車客がほとんどの為、非常に対応が良いし、安いです。買って表に出るとタクシーが沢山待っていますが、上の階のタクシーとは明らかに質が違いますし、運転手もレベルが上です。お勧めです。

他に、主な観光場所を殆んど回ったのですが、ガイドブックなどに書いてある様なことばかりなので、省きます。

今回の旅行で感じた事は、マハティール前首相の人気は、未だに凄いと言う事です。
今の首相は良い人なのだが、今一物足りないそうです。何処かの首相と似てませんか?

KLからKLIAまでの交通はKLセントラル駅からの特急が便利です。
乗ってから直行で2〜30分で着きます。RM35で少し高いですが、時間は正確だし綺麗です。安いのが良ければ、下の階からバスがRM8〜9で出ています。
特急の出発口と到着口は同じ階ですが、まるっきり正反対の場所に有りますので気を付けて下さい。
改札口の前にマレーシア航空のオフイスとチェックインカウンターが有り、ここでチェックイン出来ますので、手ぶらで空港へ行けます。これは絶対お勧めです。
チェックイン出来る航空会社は「マレーシア航空」と「キャセイ航空」と「エミレーツ」航空の表示が出てましたが、他の会社は確認してません。
朝4時半からオープンしてます。

KLIAは綺麗な空港です。大きいので割りとガラーンとしてる感じです。電車でターミナルを移動するので成田に似ています。
クレジットカードのVIPラウンジは有りません。(ダイナースも有りませんでした)「MAS」と他の航空会社のVIPラウンジだけですが、スペシャルラウンジに各航空会社が入っています。
「プライオリティ クラブ」のラウンジはこのスペシャルラウンジを使います。
                                                             このページ・トップへ
総 評

今回の下見ツアーでは色々な方に大変御世話に成りました。
本当に有り難う御座いました。
死ぬまで居ると、大変お元気な方も居れば、身体の調子が悪く、里心が出てきたな、と感じる方も中にはいらっしゃいました。
矢張り健康が一番だと強く感じました。
日本とは考えられない様な金額で介護をしてくれる施設も有りましたが、まだ日本人入居者は1名との事でした。
これから増えるとは思いますが、ある程度余裕が有れば矢張り皆さん、最後は日本で人生を全うしたいと思うのではないでしょうか。
マレーシアの国民の皆さんも、さすが多民族国家だけ有って千差万別です。マレー系、インド系、中国系など、同じマレーシア人で有りながら、DNAは争えないと思いました。
マレーの方々は、大人しくシャイで親切な方が多いです。
この性格が災いしているのでしょうか。「ブミプトラ政策」も、笛吹けど踊らずの感は何事につけ感じられました。
でも、日本人にとっては国民性も似ていますし、対日感情も悪くは無いですし、良きパートナーとして末永くお付き合い出来ればと思いました。
地震も台風も花粉症も有りません。素晴しい国です。

45日間の収支決算ですが、ホテルを転々と9ヶ所も移動しましたので、安く泊まったつもりですが、宿泊費が矢張り一番大きかったです。

宿泊費:約250000円
食費:約 75000円(全て外食、飲み物含む)
その他:約135000円

合計:460000円(2名分)
*航空券は、マイレージ利用。


*最後に、この旅行で御世話に成った方々に、篤くお礼申し上げます*
「Maraysiaku Gemirang」
「Merdeka!!」
VIVA MARAYSIA!!
独立50周年おめでとう!!
会員専用目次ページへ