高雄レポート2015
2015年
神原克収

目次

1.歓迎会 2.寝袋体験
3.Y さんの友達   4 日本語勉強会生徒との交流
 5 高雄市政府衛生局へ行った  6 中山大学へ行った
   
   
   
   

1.歓迎会
 高雄に来てから 20 日が過ぎましたがバタバタ状態で全く発信が出来ていません。
遅ればせながら高雄での歓迎ぶりをレポートします。
第一回目は到着の翌日幼稚園で行われた歓迎会の様子をお届けします。
幼稚園に到着したら園児全員が整列して黄色い声援で迎えてくれ、園児手作りのレイを全員にプレゼントされた。その後は当日の行事表に従って園児の歌や踊り、演劇の熱演が続き、マジシャンのマジック、地元町内会の皆さんのアカペラによる熱唱等の歓迎行事が続いた。
更に書道家の作品と中国の墨絵画家がその場で書いたり描いたりした作品を全員にプレゼントされた。
会場を変えて食事をご馳走になり、更には壽山という丘にバスで案内していただき、高雄の夜景を堪能して、濃密な一日が終わった。
園児全員でお出迎え

園児の熱演とこの日のプログラム

書と絵の先生が我々のために書いて下さった

2.寝袋体験
 歓迎会で熱烈歓迎してくれた幼稚園園長の葉春梅さんが個人所有の別荘(合宿所?)へ連れてってくれた。場所は高雄市北西部の山の中。3,000 坪の敷地に大きな別荘(合宿所が建っている。主要な目的は幼稚園児の合宿だそうだが、大人が泊まっても何不自由はない。
今回は男女別に 4-5 名ずつが一部屋に泊まり、寝具は寝袋。山の中で夜の寒さを心配したが寝袋で十分であった。何年ぶりの寝袋だろう。
設備としたら大きなキッチンと食事場所(屋内・屋外)、屋外 BBQ くらいで、後は自然がタップリ。
食事の用意は全て台湾の方がしてくれ、費用もこの日の夕食・翌日の朝食、宿泊料は無料。多分葉園長個人の奢りだろう。バス代と昼食だけは我々で負担した。
施設の管理は近所に住む知人(黒糖製造農家)に依頼しているとのこと。相当の維持費が掛かるに違いないが、そんなことが気になる収入レベルではないのは間違いない。
別荘全景

夕食風景
朝食風景

黒糖製造現場
3.Y さんの友達
 幼稚園の Y 園長は非常に顔の広い方で、今回は行く先々で「ここには友達がいるのでご馳走させるから」と言って何回も食事をご馳走になった。スポンサーにされた友人も実に気持ちよく歓迎して下さり、快適度はグングン上昇。
その友達の1人がリゾートホテル「H 會館」を経営する R さん。1泊1万元以上する部屋を LSC メンバーには 4,000 元で提供するとのこと。泊まることは出来ないが見学しようと出掛けた。
抜群の景色と豪華な設備、館内を案内してもらいながらため息の連続。その後ラウンジで台湾海峡に沈む夕日を眺めながら贅沢なイヴニングティを楽しんだ。勿論お茶にケーキは R さんからのプレゼント。金持ちばかりだから問題ないが、Y さんのような人と友人になるのも大変だなぁ、とこれは貧乏老人の独り言。
ホテル玄関

ホテルロビーで集合写真
レストラン棟

台湾海峡の地平線、夕日がキレイ
 
コーヒーショップ

  トイレの手洗い
 
イヴニングティ風景

  その時頂いたケーキ
4 日本語勉強会生徒との交流
昨年から日本語が堪能な T さんが今年も色々と手伝ってくれた。その一つがこ れから述べる交流会である。 彼女は日本語スキルを生かして日本語講座をやっている。生徒は概ね社会人で 年齢は 5~60 代が多い。我々もその中の2つのクラスに参加し、前半は我々が日本 語を、後半は我々に中国語をお互いに教え合った。日本人一人に台湾人 2~3 人で ある。彼等は積極的でドンドンたどたどしい日本語で話したり質問したりしてくる。そ のため会話が途切れることは全くなく、あっと言う間に親しくなった。終了後割り勘 で昼食会をしたが、そこでも4人テーブルに日本人が一人か二人入り、会話が弾み 違和感は殆ど無い。 後日その中のメンバーの一部と交流が続き、それが折紙勉強会に発展した。個人 的に2度ほどメンバーが教えたら、こんどはその仲間を連れて来て折紙交流会とな った。2度目の折紙交流会を約束したが、我々が急遽高雄市政府へ行くことになり 中止せざるを得なかった。彼等から「何故?どうして?」と何回も迫られたが「また 来年来るから」と言ってようやく諦めてもらった。とにかく熱心!
 
交流会風景

 
日本語講師の T さん

 
昼食会風景


 
昼食後お決まりの記念撮影、台湾の人は兎に角写真が大好き!
5 高雄市政府衛生局へ行った
友人(日本の害虫駆除学会のボス)に頼まれて高雄市政府衛生局へ行った。目的は 高雄市のデング熱対策を聞く為である。 高雄は台湾で群を抜いて多くのデング熱感染者を出している。それに対する高雄市 の対策を聞き、日本の対策の参考にしようという意図である。 いつもお世話になっている Y さんに担当者紹介をお願いした。Y さんは観光局長に 紹介を依頼した。当日衛星局に行くと驚いたことに観光局長も来て衛生局の担当者を 紹介してくれ、「会議があるから」とすぐに退席した。 そんな経緯があるため、担当者は懇切丁寧にこちらの質問に答えてくれ、沢山の資 料も頂いた。12:30 に辞去したのだが、その際弁当まで頂戴した。 改めて Y さんの人脈の広さを認識するとともに、台湾のコネ社会の一端を垣間見た 気がした。

 
衛生局の建物 面談した部屋


左:Y さん 右:衛生局の人(肩書は「技正)) 頂いた弁当、値段は 300 円
6 中山大学へ行った
中山大学日本語研究センターを訪問した。この訪問は予め私の方から銀髪族協会に 訪問希望をしていたもの。昨年も訪問したので馴染があり和気藹々と意見交換するこ とが出来た。 話題は今年も「何故台湾人は日本人にこんなに親切なのか?」、「台湾人の老人を 大切にする心は家庭で育てるのか?それとも学校で育てるのか?」、「日本の若い男 性は草食化しているが台湾はどうか?」、「日本統治時代の評価は?」等々、なかなか 面白い意見交換が出来た。しかし、やはりこうした場では時間の制約もありどうしても 表面的な話で終ってしまう。もっと本質に迫るには食事を共にしたり、一緒に旅行した り、接触時間が長くならないと議論の深まりは期待出来ないのだろう。でも何年かこ うした交流が続けば自ずから本音の意見交換が出来るものと期待している。

交流風景

研究センター長の挨拶 左の女性は主任研究員
 
左から TARP 幹事長、主任研究員、TARP 理事長、神原、最もお世話になった幼稚園園長
 
最後はお決まりの記念撮影
 
昨年我々が書き残したメッセージが事務所に貼られていた。今年も書き残したのでまた貼られるの だろう


5 高雄市政府衛生局へ行った
このページトップへ  旅行記目次へ  関西HPトップへ