台中通信2015

2015年
神原克収

目次


1.中秋節 2.学生との交流会
3.財布紛失騒動記 4.日本人技師の顕彰
5.財布紛失騒動記2  6.映画「湾生回家」を見た
7 金門島-1 8 金門島-2
9 金門島-3
10 日本料理店の「おもてなし」
11 台湾ならではの体験 12 ヒノキ造りの車両
13 台湾人の日本軍人慰霊祭 14 結婚式に出席(完)
   
   
   
   


1.中秋節
 台湾には三大節季がある。春節(旧正月)、端午節(6月)、中秋節(9月)である。
 中秋節の元々の趣旨は霊界の門が開き霊魂が下界を徘徊するため、その霊を慰めるのが旨である。しかし現在では家族団らんの日で、月餅を贈り合い、柚子(文旦)を食べる習慣がある。近年台湾独特の習慣で BBQ を家族で楽しむのが盛んに行われている。
 スーパーやお店では9月に入ると月餅と文旦がヤマのように積まれている。私も月餅や文旦を数人の人からプレゼントされた。
 中秋節は明日(9/27)だが、今日(9/26)夜はあちこちの家の前で家族や友人と BBQ を囲んでいる姿が目に付く。断って写真を撮り BBQ の中身を覗き込んでいると、あれを食べろ、これを飲めと色々なものを勧めてくれる。食事後だったので2ヵ所で少しだけご馳走になったが、次回からは食事をせずに仲間に入れてもらい、台湾の人と一緒に中秋節を祝いたいものだ。

街の至る所で BBQ を楽しんでいる

覗いていたら飲食を勧めてくれる                   頂いた月餅と柚子(文旦)の一部

2.学生との交流会
 振英会館の従業員の詹さん(舞ちゃん)は静宜大学の卒業で、彼女の呼び掛けで学生と日本人ロングステイヤーとの交流会が実現した。会場は振英会館の集会室。
 学生は15名(全員日本語が出来る)、日本人は22名が参加しスタートしたが、年齢は祖父母と孫くらいの開きがあり、学生は緊張感一杯の雰囲気であった。
 全員の自己紹介も全て日本語でこなし、振英会館用意のケーキと飲み物を頂きながらテーブル単位で懇談し大いに交流に花が咲いた。
 その後折紙講習に入り、独楽と鶴を折ったが学生たちの呑み込みは早く、出来上がった独楽を廻したり、鶴の羽をバタつかせたりと大はしゃぎ。最初は日本人が先生役を務めていたが、途中から日本人を指導する学生も出てくる始末。
 続いて日本の歌「翼を下さい」をTさんの主導で歌唱指導をした。2回くらい歌うとほぼ全員が歌えるようになり、このころには学生の緊張感もかなりほぐれてきた。
 そのあとMさん、Oさんの指導でフォークダンスをしたり、全員が輪になり手をつないで「里の秋」「四季の歌」を歌って一体感が一気に増した。
 日本の大学で教鞭を取っていたNさんからの「日本への留学」についてのガイダンスには学生の目が輝いて、憧れの日本留学に思いを馳せていた。
 最後は全員での質疑応答。学生からは「日本人は何故漬物が好きなのか?」とか、「台湾人は臭豆腐の匂いは気にならないのか?」、「台湾人は何故日本が好きなのか?」などの質問が飛び交い、まともな回答に珍回答、迷回答も飛び出し笑いの中でお開きとなった。
 今までにも学生との交流会は行ったことはあるが、全てお膳立てされたものであった。
今回は全く筋書なしのぶっつけ本番での交流会で、結果が気になったが終わってみれば良かった、良かったの感想で、次回も是非参加したいとの声に気を良くした一日であった。

折紙交流風景

振英会館用意のケーキと飲み物

 
 全員で「里の秋」合唱

3.財布紛失騒動記
  参加者の1人Uさんご夫妻が伝統市場(通称:黄昏市場)へ買い物に出掛けた。買い物を済ませて宿舎の振英会館に帰着し、財布がないことに気付いた。そしてその顛末を振英会館のスタッフ(舞ちゃん、デニスさん)に話した。二人はすぐ行動を起こしてくれ警察に紛失届を出してくれた。
 Uさん夫妻は部屋に帰り財布の中身(クレジットカード、運転免許証等々)の事後処理に頭を巡らせる一方、財布を落とした場所の特定をし、そこへ行ってみようと出掛ける積りでフロントに降りた。そしたらデニスさんが「いま警察から【財布が見つかり管理事務所で保管している】と連絡があり、舞ちゃんが受け取りに行っている」とのこと。暫く後に舞ちゃんが戻り、中身を確認すると全く手つかずで戻ってきたことが判明し、めでたし・めでたし。
 Uさんご夫妻の感激は相当なもので、すぐさま世話役の私に連絡を頂いた。振英会館スタッフは総入れ替えになって少々不安もあったが、日に日に慣れてきて業務がスムーズに運びだした矢先にこの親切な対応、《もてなしの心》さえあれば経験のなさはカバー出来ると安堵するとともに、改めて台湾の方々の親切を肌で感じた出来事であった。

昼間勤務の振英会館のスタッフ              上段左:舞ちゃん(詹さん)  右:曽さん
 下段左:デニスさん  右:陳さん                   それ以外に黄さんがいる


4.日本人技師の顕彰
 台湾では日本統治時代(1895-1945)台湾に貢献した多くの日本人が今でも尊敬されている。
その一人に磯田謙雄技師がいる。台湾中部の白冷洲ダムを造ったことで知られている。
(磯田氏の業績については下記URLでご確認下さい)
 ダムが通水した10月に磯田氏を顕彰する式典が毎年開かれている。今年は「白冷洲文化節」初日の昨日その式典があり、招かれてロングステイヤー15人で参加した。
 台中市長など地元の名士が多数出席し、日本の金沢からも10名ほどの代表団が参列していた。磯田技師の一人娘(松任谷さん)も家族とともに車いすで参加して挨拶し、喝采を浴びていた。我々15人も来賓扱いで歓待され記念品の帽子や饅頭を頂戴し、簡単ながら昼食も振る舞われた。
 外国人である日本人を顕彰する式典がこれほどまでに盛大に行われることに驚きと感謝の念を禁じ得ない。こうした事実を日本人にもっと知って欲しいと切に願う次第である。
 磯田技師に限らず日本統治時代に功績を残した多くの日本人が今でも地元民に愛され、銅像が立てられたり、毎年慰霊祭が行われたりしている。ダム関係では特に次の3人が今でも尊敬を集めている。
 
二峰洲地下ダム(屏東縣)の鳥居信平
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogdb_h23/jog698.html
烏山頭ダムの八田與一
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%94%B0%E8%88%87%E4%B8%80
白冷洲ダムの磯田謙雄
http://blogs.yahoo.co.jp/obara1999/61512782.html
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201310160006.aspx
※興味深いのはこの3人がいずれも旧四高(金沢)の先輩・後輩ということである。

式典風景、中央の車いすが磯田氏長女、右:台中市長、左:金沢市議

式典開始前に白冷洲を世界遺産に登録のための署名をした 神輿・獅子舞も出て賑やか

 
挨拶する磯田技師の長女               胸像の除幕式も行われた(銅像は既に記念公園にある)

 
 参加記念頂いた帽子とお祝い饅頭

5.財布紛失騒動記2
 前回市場での財布紛失についてごほうこくしましたが、今度はタクシーに財布を忘れた話です。
 T氏夫妻と台湾人Yさんと我々夫婦5人で和食店「吉祥屋」に出掛けた。この店はノーベル賞授賞式に使われる日本酒「福寿」を置いている店で、そのお酒を目当てに行った。
 久し振りに本物の美味しい日本酒を味わったが、料理も頗る味がよく、値段も内容からするとリーズナブルで大満足であった。タクシーを呼んでもらい店をあとにした。無事ホテル近くのスターバックスに帰着したが、T氏が「財布をタクシーに忘れたようだ」と言い出した。すぐさまYさんが吉祥屋に電話してタクシー会社に問合せてくれ、無事見つかった。
 その後がいかにも台湾らしい。吉祥屋の女将がタクシー会社にとりに行き、その足で我々がお茶をしているスタバに届けてくれた。何とも素早い行動でタクシーを降りて30分も経たない間の出来事であった。初めて訪れた客でしかも日本人、次いつ来るか判らない客に「ここまでやるか」と感心した。
 食事中に「来月からのロングステイグループ(34名)の食事会をここでしてもいいかなぁ」と考えていたが、今回の鮮やかなフォローを見て、「よし、ここでやろう」と決心した次第。

※吉祥屋は結構大きな店で来年台中の目抜き通りに5階建てのビルを新築して店を移転する繁盛ぶり。この女将の
 気配りこそがこの店の売りなのであろう。

吉祥屋の外観

女将と来年移転する店の模型                 台湾でも福寿が飲める

6.映画「湾生回家」を見た
 台湾の花蓮で映画「湾生回家」を見た。湾生とは台湾生まれの日本人が敗戦で日本に引き揚げた人たちのことである。この映画の主人公は花蓮生れで映画は主として花蓮で撮影されている。
 私は偶然にも昨日と一昨日の2日間、この映画に出てくる花蓮に残る日本人の足跡を辿ったばかりで、二日前に見た風景が次々と現れ、実に感慨深い思いでこの映画を見た。
 映画は湾生達が故郷「台湾」への想いを切々と訴える内容がドキュメンタリータッチで描かれている。彼等の故郷「台湾」への想いは我々の想像をはるかに超えるもので、涙なくしては見ることは出来なかった。
 私の周辺には満州を含む中国からの引揚者が何人かいるが、彼等から湾生のように強烈に「故郷・中国」を語る人を見たことはない。(私の不勉強が原因なのかも知れないが・・・)
 この感動を皆さんに伝えることは私の文章力では到底出来ない。皆さんが直接この映画をご覧になられることを切に希望します。
※日本でも近々「湾生帰郷物語」という題名で上映されるそうです。
※ネットに沢山の関連記事があります。
https://www.youtube.com/watch?v=ii_AgiBRcnQ(7分間予告編)
https://www.facebook.com/film.wansei/posts/585305208225663(作者が思いを語っている)
http://www.taiwannohannou.com/archives/15192424.html(映画を見た台湾人の反応ブログ)


7 金門島-1
 金門島に行った。同行してくれたのは金門島出身のWさん(新竹銀髪族協会)と金門島に軍 人として駐屯経験のあるLさん(LSC会員)の2人。Wさんのお姉さん経営の民宿に投宿する とともに車の提供を受け、島に精通したWさんの案内で実に効率よく観光することが出来た。  金門島は中華民国(台湾)の領土で、中華人民共和国(中国)の厦門とは最短で2.1Kmしか 離れていない。1958年に中国が台湾領の金門島奪取を目的に砲撃を仕掛け、台湾軍に撃退さ れた。(第二次台湾海峡危機)(台湾では823砲戦と言われている)   1992年30年以上続いた戒厳令解除に伴い金門は観光客にも開放され、観光都市として発 展している。最大の観光資源は戦争遺産だが、これらが実に綺麗に整備されていて、かっての 戦争の緊張感は全く感じられない。

宿泊した民宿              金門のシンボルロゴと左奥は金門城

過去の軍事遺産が軒並み観光資源に

地下トンネルも立派な観光資源       金門空港前にあるスローガン

8 金門島-2
 金門島で最も感動したのは戦争遺産の洞窟を使っての演奏会であった。会場は海に直結し た洞窟で目見当で幅20m弱、奥行き150mくらいだろうか?そこに筏を浮かべその上で演奏 する。奏者はバイオリン、ビオラ、バス、アコーディオン、ハープにテノールとソプラノ歌手とい う構成である。  
曲目は素人の私にでも判るアヴェ・マリア、オソレミオ、シュトラウスの蝙蝠、ビゼーのカルメン 等の他ヴェルディ、バッハ、モーツアルト、ヘンデル、プッチーニ、オッフェンバッハに地元で有名 な作曲家の曲などが1時間余り演奏された。  
演奏は筏を洞窟の入口から奥、奥から入口へと6~7回移動させながら行われた。物音ひと つしない静寂の中、花崗岩をくりぬいた洞窟の音響は実に素晴らしく、時折聞こえる潮騒の音 をバックに心に染み入る音色に酔い痴れた。  
この音楽会は年に1回2日間(1日2回公演)だけ行われる。私たちは偶々この演奏会の日に 行ったのだが、チケットの入手は難しく、金門出身のWさんの尽力で入手できた。入場料は僅 かに200元(750円)。  
それにしてもこの洞窟の中に筏を浮かべての音楽会、発想から企画・実行までに漕ぎ着けた 構想力と実行力に感服した。願わくば年1回ではなく数回催して、観光を戦争遺産だけに頼る のではなく、こうした文化力も是非観光の目玉にして欲しいものだ。
会場になった洞窟
ポスター               この坑道を通って会場に行く

9 金門島-3
 金門島は1958 年中国との砲撃戦で脚光を浴びた戦場の島である。この時はアメリカの後ろ 盾もあり制空権を制した台湾側勝利に終わっている。しかし中国の厦門とは最短で 2.1Km しか 離れておらず、中台が緊張すれば真っ先に戦場になる島である。最近は馬英九政権の急速な 台中融和政策もあり、中国からの観光客も沢山この島に押し寄せている。
 1958 年の砲撃戦で中国軍が打ち込んだ砲弾は 47 万発強に達し、これらの砲弾は金門の居 住民によって鉄鋼原料として使用された。包丁の他各種刃物が製造されているが、中でも包 丁が名高く現在では金門の名産品のひとつとなっている。
前回述べたようにこの島は観光が主たる産業で、中国との戦争遺産が最大の観光資源であ る。これらは実に綺麗に整備されていて、戦争があったという緊張感は余り感じられない。国 防関係者では中台の緊張への備えはそれなりにしているのだろうが、素人目には全くの無防 備としか感じられない。

戦争遺産は公園として整備され緊張感は殆どない。被っているヘルメットはサイクリング用
沢山の包丁が売られている 包丁の種類も多種多様
包丁の原料となる砲弾 ※写真はネットから借用

10 日本料理店の「おもてなし」
台中にある日本料理店「吉祥屋」に22名で行った。私の友人が経営している灘の 酒造メーカーの「福寿」が飲める店として先月下見に行き大変気に入ったので、一 緒にロングステイしている日本人をご案内した。
料理は日本料理を一工夫、二工夫した「本格創作日本料理」で味も文句なく「本 物」である。料理のほかノーベル賞授賞式で使われる銘酒「福寿」も女将のサービ スで全員に徳利1本ずつ付けて頂き大満足であった。
感心したのはその「おもてなし」である。事前に参加者の名前を教えて欲しいと 言われ、何故かな?と思っていたら、参加者の個人名入りの「本日のお品書き」が用 意されていた。また、引率者の私に対し感謝の手紙を手渡された。
あとで聞けば通訳の Y さんの指導のもと、夜遅くまで何回も何回も書き直して仕 上げたとのこと。いい加減なところでの妥協を拒否するこの姿勢こそ本格的な日 本料理の提供に繋がっているに違いない。

吉祥屋外観

個人名入りの「お品書き」

私宛の手紙

料理の数々

ノーベル賞授賞式で使われる酒 店内に貼られた福寿のポスター

11 台湾ならではの体験
 台湾では今の日本では余り体験出来ないようなことがしばしば起きる。
①パトカーに送ってもらった  
台東に行った際予約した民宿が見付からず、たまたま近くの警察で道を訊いた。最初は中国 語で道順を教えてくれるのだが、いまいち理解出来ない。それを察して警官がいきなり車(何 とパトカー)に乗れ、という。訳も判らず乗ったらそのまま民宿まで送ってくれた。
②花蓮での出来事  
花蓮で中華電信(日本のNTTのような存在)の保養所に泊まった。4泊した都心の宿は文句 なしに満足できた。同じ中華電信の保養所で1泊だけした田舎の宿には夕方6:30ころ着いた。 あいにくの雨で既に辺りは真っ暗。目的地に着いたが明りは無く、人の気配も全くしない。幸い 案内してくれた花蓮出身のL(台北在住)さんとその弟(花蓮在住)さんが一緒だったので全く 不安はなかった。  
雨の中建物の裏手に回って探すこと数分、何かの表示を見付けた。懐中電灯を取り出してよ く見ると「不在の場合は○○に電話して下さい」という表示。その指示通り電話をして待つこ と約10分、如何にも「田舎のおっちゃん」風の人物が現れ鍵を開けてくれた。それも入り口で はなく裏手の倉庫のようなところから中に入り、部屋に案内してもらった。  
部屋の設備はまずまずで問題はない。部屋に落ち着き、案内してくれたLさんとその弟さん は花蓮に自宅に引き上げ、今夜は我々夫婦で貸切かと思っていたら8時頃台湾の若者10人く らいが到着し満室状態になった。翌朝チェックアウトする際は当然の如く誰もいず、鍵を所定の 場所に置いて退出した。  
驚いたことがもう一つ。中華電信の保養所でありながらWIFIは無く、廊下に設置してある 有線のランを利用せざるを得なかった。今様「紺屋の白袴」といったところか?
③バスの車内で  
今日本では若者が老人に席を譲ることは「珍しい」が、台湾では95%位の確率で席を譲っ てくれる。時には数名が一斉に立ち上がり席を譲ってくれることも珍しくない。  こんなことを「台湾ならではの体験」で書かなければならないこと自体恥ずかしい!

12 ヒノキ造りの車両
 台湾は檜の産地として有名である。中でも阿里山は有数の檜産地でその運搬用に阿里山森 林鉄道(総延長73Kmで高低差2,250m)が開設された(日本統治時代の1906年着工1914完 成)。幾多の紆余曲折を経て、現在は観光列車として大変人気が高い。  
阿里山鉄道の始発駅は嘉義駅で、そこには総ヒノキ造りの車両が保存されている。普段は 見せてもらえないが特別の行事には顔を見せる。以前嘉義に行った際見せて欲しいと頼んだ が断られた。  
先月新竹銀髪族協会主催の「列車による台湾一周の旅」に参加した。その際嘉義駅で下車し 阿里山鉄道の次の駅「北門站」まで憧れの総ヒノキ造りの列車で往復した。  
何を目的に何時作られたのかは判らないが相当の年月が経ち、流石に檜の香り充満とはゆ かないが、それでも鼻をくっつけると僅かに檜の匂いがする。車両全体の醸し出す雰囲気は実 に優雅で柔らかい。
2014年阿里山鉄道102周年を記念して嘉義~北門駅を走った。

13 台湾人の日本軍人慰霊祭
 第二次大戦時は台湾は日本の領土であり、20万人の台湾人(当時は日本人)が日本軍人と して従軍し33,000人が戦死している。台湾には国民党政府のために戦死した人々を祀る「忠 烈祠」はあるが日本軍人として戦死した人々を祀る公的施設はない。
 これに心を痛めた日本人が立ち上がり浄財を募り台湾に寄贈した。台湾ではその資金を基 に1990年台中の寶覚寺に慰霊碑を建立した。以後現地では毎年11月25日に慰霊祭が行わ れ、17年前からは日本からの「日台親善友好慰霊訪問団」が毎年訪れている。台湾側の受け入 れ窓口は「台中市台日海交会」(日本海軍として従軍した台湾人の会)である。
 今年も11月25日に行われ、我々日本からのロングステイヤーも参列し共に霊を慰めた。こ こ寶覚寺境内には台湾中部で亡くなった日本人軍人の慰霊碑と北部で死亡した日本人軍人 の慰霊碑も設置されている。私は台中に訪れる際はここを訪れ線香を手向けている。  今回の「日台親善友好慰霊訪問団」も当然のことながらこの日本人慰霊碑に詣で、君が代、 花、線香などを手向けていた。我々も同席させていただいた。

慰霊祭式場
 
慰霊祭開始前に日本人の慰霊碑に参拝
 
会場となった寶覚寺は巨大な布袋さんで有名

14 結婚式に出席(完)
 高雄での通訳でお世話になったT嬢が結婚した。その結婚式に招待され出席した。
台湾の葬式には参列したが結婚式は初めてである。日本人を代表してスピーチを依頼されていたので、服装について知人に相談したら「結構ラフな人が多いのでジャケットさえ着ていれば問題ない」とのこと。念のために一応ネクタイを締めて行ったら正解であった。予想に反して若者も含めて皆ちゃんとした服装であった。
 日本のような堅苦しさは皆無で、当然仲人はいない。来賓の祝辞も新婦側1 人(私)、新郎側1人と至ってシンプル。冒頭司会者の音頭で乾杯(アルコールはなし)し、直後に指名されて祝辞を述べた。日本なら段取りを事細かに事前打ち合わせするが、そんなものは全くなく、いきなり冒頭の指名で少々面食らった。また、祝辞も数名いてそのうちの一人と多寡を括っていたら、新婦側からただ一人の祝辞で、これも想定外。
 最初から最後までプロの楽団が演奏する中、花嫁のお色直しも2回あり、新郎新婦揃って各テーブルへの挨拶周りも日本と同じ。友人のおふざけ演出も日本とよく似ている。
 日本の式と異なる点を挙げてみたい。
*引き出物はなし。但し日本人にだけ立派な箱に入ったクッキーが用意されていた。
*日本なら式の最後に謝辞があるが、そんな堅苦しいものは一切なし。
*新婚旅行も数か月後にハワイに行くと言っていたが、台湾では式の直後から新婚旅行というのは殆どないらしい。
*結婚式への招待状も実にラフ。招待者の宛名は勿論のこと、新郎・新婦の名前や式場なども出来合いの招待状にボールペンで記入されていた。
 以上実に楽しく貴重な体験であった。

結婚式

新婦側代表として祝辞

花嫁は2回お色直し

料理と果物、果物の出し方が面白い








このページトップへ  旅行記目次へ  関西HPトップへ