カナリア・モロッコ通信

2018年8月31日~9月4日
神原克収

目次

カナリア通信
1旅の概要 2 カナリア諸島について

1旅の概要
 今回も前半カナリヤ諸島は日本在住クロアチア人のエレナさんにご案内いただき、後半はモロッコで現地旅行社のお世話になる。集合は 9/1 カナリヤ諸島の一つフエルテベントゥーラ島の空港に集合し、9/23 カサブランカで解散である。参加者は 18 名。
 移動はフエルテベントゥーラ島(3 泊)⇒船で隣のランザローテ島(3 泊)⇒飛行機で最大の島テネリフェ島(4 泊)⇔途中日帰りでラ・ゴメラ島へ船旅⇒最後にグランカナリヤ島に飛び(3 泊)、9/14 にモロッコのカサブランカに入る。




欧州主要空港からフエルトベントゥーラに入り、グランカナリアからモロッコへ飛ぶ
2 カナリア諸島について
 大西洋に浮かぶ7つの島で構成されるカナリア諸島はスペイン領で、モロッコから最短部で115Km、スペインのあるイベリア半島からは1,000Km以上離れている。
1 年間の降雨量が極端に少なく(島により異なるが年間120mm~370mm程度)、基本的には砂漠の島だが、高い山のある島では雲が水分を補給し緑で覆われた島もあり、どの島も個性的で観光に彩を添えている。
2 水は基本的には海水浄化で賄っているが、中にはテネリフェ島のように85%自然水で賄っている島もある。
3 月間平均気温は冬季:最高21-22℃・最低15-16℃、夏季:最高29-30℃・最低22-23℃と夏冬及び昼夜の気温差が少なく、「常春の島」と言われている。夏でも湿度が低く、ホテルでもエアコンのないところも多い。
4 雨が極端に少ないため農業は限られ、島の主要な産業は当然のことながら観光である。
5 1,000-2,300万年前の火山活動で生まれた島で様々な火山が見られる。ここ数百年は小噴火が7年に1回、大噴火が30年に1回起きていて、地元では次はどの島かと話題になっている。
6 国はスペインだが住民はスペイン人と言われることは好まず、カナリア人という人が多い。
 島から島への移動でも外国人はパスポート、カナリア人でもIDカードの提示が求められる。




 
 



このページトップへ  旅行記目次へ  関西HPトップへ